接客も生き方も正直に

ダブルワーカー・主婦 / hito さん

自分の気持ちに正直に、心地よい生き方をするために働き方をフリーランスに変えたhitoさん。Webライター、販売員の2つの仕事と育児、そして新たな自分の趣味を見つける時間のバランスを見つける過程にいるそう。接客のポリシーを「正直さ」と語ってくれたhitoさんのインタビューです。

QUESTIONまずは簡単な質問

好きな食べ物
焼き肉、チョコレート
好きな本
今より全部よくなりたい(オーガニック美容本)
好きな音楽
サカナクション、安室奈美恵
特技
大変だったことをすぐ忘れること

INTERVIEWタレントの想い

MESHWellに登録したきっかけは?
出産後、前職の上司に会う機会があり、その時にフリーランス販売員という働き方があるんだよとMESHWellの存在を教えてもらいました。その時は次にする仕事の選択肢の中に販売職は考えていなかったので気にしていなかったんです。元々、専門学校のスタイリスト科を卒業後、服が好きという気軽な気持ちで販売員の仕事を始めました。そして働いてみたいブランド、一緒に仕事をしたい上司に出会い、その後、店長職も経験し子供を出産するタイミングまで販売員を続けてきました。なので今度は違う仕事をしてみたいと考えていたんです。
ただ実際仕事を探し始めると、違う業種への就職活動に難しさを感じました。今まで販売の仕事一筋だったので新しい業界でお仕事をする為にも、まずスキルを身に付けるために学ぶ時間が必要と感じました。そこで、時間も融通がきき、学びの時間も確保出来るMESHWellで持っているスキルを活かし効率的に仕事をしてみようと思いました。
印象に残っているお客様はいますか?
横浜ニューマンのTHE SHINZONEさんのマッチングが印象に残っています。同世代のお客様が多く、洋服が好きなお客様との会話が楽しかったんです。
その中でも印象に残ったお客様がいます。ネット予約でパンツを購入されたお客様が、少し困った様子で購入商品を持って相談にいらっしゃいました。お話を伺うと、オンラインでいつものサイズ38のパンツを購入したものの、自宅で試着をしたらサイズが大きいと感じたとの事。その商品は返品不可だったので、どうしようかと店頭に相談に来たとのことでした。私はまず、もう一度試着をしてみましょう!と提案してみました。お客様が試着された姿を見てみると、パンツの裾のたるみが要因で全体のシルエットを大きくしているのかなと感じました。そこで、私はパンツの裾をお客様の体型に合わせてロールアップして見せたところ、お客様も納得され「これでいい!」と笑顔の反応が返ってきました。
最初お客様はパンツを買い換えようかとまで悩んでいたのですが、悩みが解決し、すっきりされ安心したご様子でした。そしてその代わりに欲しかったコートを買えると喜ばれていたんです。お客様が自分ではどうしていいかわからない洋服の悩みを解決できて、私も嬉しかったです。MESHWellでお仕事して、これが接客の楽しさだなと再認識した瞬間でもありました。
こういったアドバイスって、店頭での接客ならではだと思うんです。お洋服に詳しい方やコーディネート本もありますが、私達販売員は色々なお客様の体型を見てお洋服のご相談に乗ってきているので、お客様が気になるポイントも予測できたり、個人に合った着こなしやバランスをアドバイスできます。ただ、商品がかわいいから買うのではなく、ここが気になるから購入を悩む、うまく体型をカバー出来るか不安など、お会いして直接お話する事で出来るアドバイスがあると思うんです。楽しいお買い物のサポートが出来るのは店頭接客ならではだと思います。
接客で大切にしていることは?
販売員を始めた頃は、数字主義で「とにかく販売」という価値観の時代だったように思います。そんな中で販売員として育ってきたので、実はお客様のニーズを考えるようになったのは少し後でした。私の接客感が大きく変わったきっかけは、大草直子さんのファッション本に出会い、理論的にお洋服を合わせていく考え方を知った時です。率直に面白いと思いましたし、頭を使って接客してみたいと感じましたね。当時の私にはとても衝撃的でした。
実際に接客をしていても、「かわいいですよね」「色がきれいですよね」というお声がけではお客様は納得しないのを感じます。似たようなデザインの商品は他のお店にもあるので、私は接客の時に「お客様が一人でお買い物しても活かせる知識」を持って帰ってもらえるよう意識するようになりました。
私は、販売員は買わせようとしていると警戒心をもっているお客様が多いなと思うんです。なので、そういう事を抜きにして目の前のお客様に合うコーディネートポイントなどのアドバイスをお伝えしたいと考えています。そのためにも、お客様との会話の中でご自宅のクローゼットの中にあるお洋服を確認、把握しながら会話をして心の距離を縮めたい思っています。その上でお悩みの商品との合わせ方のアドバイスをしていくようにしています。
私は、お客様がお友達になんでその洋服を買ったの?と思われたり、言われるのが一番嫌なんです。なので、サイズが合わない、似合わない時は正直にお伝えしたいと思っています。新しいテイストの服を買う時は勇気がいると思うのですが、お客様にすごく似合っていたらおすすめしちゃいますね。どちらの場合もその理由を理論的に伝えて納得して購入して欲しいと思っています。お客様とはどんな時でも正直に向き合って接客する事を心がけています。
MESHWellでお仕事してみて
一番良かった事は自分で働く時間を決めて仕事が出来るようになった事ですね。社員で仕事していた時は、休みの際に気を遣う事がありましたが、今は周りに迷惑をかけてるという心配がないので自分の精神的な負担が減ったと感じています。子育てをしながら、MESHWellとWebライターの仕事をしているので、MESHWellのお仕事で1回に入れる時間は4時間位です。それでも販売員の仕事が出来るのは嬉しいですし、時間をうまく使える働き方だと思います。
実はMESHWellを始める前は接客が苦手かなと思うこともありました。店長などの肩書きをなくして、接客に集中できるMESHWellを始めてみて、改めて人と話すのが好きだなと感じ、お悩みを解消して帰られるお客様を見送る時に嬉しい気持ちになる自分を発見出来たのも良かった事ですね。
今後の夢や目標
今はフリーランス販売員、WEBライターの2つの仕事と育児のベストバランスを探しているところです。家庭を持ちながら働く「新しい自分」の心地よい生活リズムを模索する実験期間みたいに考えています。それはぜんぜん苦ではなくて、ストレスフリーなんですよね。昔仕事をしてた時は24時間仕事の事を考えていたので、気持ちが安らがなかったり、家の事も整わなく感じることがありました。今は忙しい中でも家の事をおざなりにならないように心がける気持ちを保てています。
今後は経済的に自立出来るくらい仕事も頑張りたいので、そのための学ぶ時間や自分を豊かにする為に語れる趣味の時間を持ちたいですね。今後、食育やフラワーエッセンスの勉強をしようと思っています。そして、子供に「かっこいいお母さん」と思ってもらえるような自分を目指していきたいと思います。

SCHEDULEMESHWellのある1日

あなたもMESHWellで働いてみませんか?

説明会を随時開催しています

説明会にエントリー