キャリアを活かし
自分らしく新しい働き方を見つけた

元販売員 / you さん

ファッションが大好きで、アパレル販売を長く続けてきたyouさん。引っ越しを機にライフスタイル、働き方を大きく変化させたそう。その転機と今のお仕事について伺いました。

QUESTIONまずは簡単な質問

好きな食べ物
酒の肴
アジア各国のローカルフード
好きな映画
スターウォーズシリーズ
ソフィアコッポラ監督作品
最近なら ボヘミアンラプソディー(私は3回観ました、、)
最近感動したこと楽しかったこと
今までの人生で1番誕生日をお祝いして貰った事。
ナィーブなお年頃ですがw、歳をとった事をポジティブに思える事が出来ました。
特技
犬と会話
漬物作り

INTERVIEWタレントの想い

メッシュウェルを使い始めた理由をおしえてください。
元をたどっていくと、鎌倉に引っ越したことが転機で働き方について考える機会が生まれ、いまのスタイルに行きつきました。鎌倉に越してすぐの頃は、ファッションといえばやはり都内と考えていたので、正社員として都内でアパレル販売の仕事をしていました。長い通勤時間や働く時間について生活とのバランスを考えている時に鎌倉で出会った方々が私の価値観に刺激をくださったんです。鎌倉に住んでいる人の人間性、働き方がこれまでに自分の知っている働き方と違っていて、同じ日本人なのに!と驚き衝撃的でした。1つの仕事にとらわれることなく、自由にいろんな仕事を楽しみながら暮らしていて。1つの企業だけに勤めず、好きなことやスキルを生かし、肩書をいくつも持って、4箇所、5箇所に勤めて働く方もいるんです。副業を楽しみながら本業も楽しむ、自然と人生を楽しんでいるこのライフスタイルは私を感化してくれ、新しい働き方にすすむ背中を後押しをしてくれたんです。
私も働く回数や時間を調整しながらいろんなの仕事をしてみたいと思えるようになりました。そんな思いで過ごしている時に、メッシュウェルと出会い、まさに自分の求める生き方とマッチしているなと思って利用しはじめました。
メッシュウェルを利用してみての感想をきかせてください。
今ではメッシュウェルでお仕事しながら、古着屋さんでもお仕事をしたり、鎌倉で週1回飲食の仕事もしてるんです!3つのお仕事のバランスや状況にあわせて、働く時間を調整できるのはとても良いです。友人のイベントを手伝ったりと、幅広く仕事をすることで、自分の個性も磨かれて、それぞれのお仕事ができて「販売って楽しい」「こんなに接客好きだったんだ」って今が一番思っています。場所も自由に選べるメッシュウェルなので、都内で仕事するときは、ついでにお友達や家族とあったり、好きなアパレルのお店にお洋服を見にいったりして、自分の時間をうまくつかえるのもいいですね!人生が豊かになったなって感じています。
販売員を長く続けてきた理由をおしえてください。
学生のときはアパレル関係の大学にすすみ、大好きなアパレル業界で仕事をしようときめていました。就職先を探す際も、ファッション好きが集まる企業を雑誌で探し、自分が納得できる場所にアプローチしました。そこで働き始めたことが、販売員のスタートでした。顧客様ができ、その方々との関わりが自分のなかで大切になり、ほかの業種への興味が湧かなくなるほどのめり込みました。周りの人より接客を楽しめていると感じ、自然と自分を求めてきてくれる顧客様が増えていきました。とてもうれしい気持ちになりましたし、自分は人と接する事が得意なんだと気づきました。初めて出来た顧客様とは現在でも繋がりがあり、人生を通して出会いを大切にできていると思います。販売の仕事を選んでから、私生活でも人付き合いが好きになり、人生に刺激や影響を与え続けてくれると思います。
youさんが接客で大切にしていることをおしえてください。
実は私はあまり接客のロールプレイが好きではないんです。というのも、お客様との接客のなかで自然な会話、リズムを大事にしているからです。お客様との境界線をできるだけなくして、お客様のニーズを引き出すための最低限のことを伺い、それ以上に親しい友人のように会話をすることで、お互いショッピングを楽しめるよう時間作りをしていました。そうすることでいろいろと引き出せる事がたくさんあるんです。お客さまの生活感、私生活、お洋服をきるTPOなど。コミュニケーションの中でお客様の普段の様子からより良いものをご案内することができました。気持ちの部分でもお客様も自分も楽しいというのが、お買い物をする気持ちをより高めていたのかもしれません。肌色にあうお洋服とか、お持ちの洋服とのコーディネート提案は多くの販売員が提供できる接客だとおもうので、一歩ふみこんだ関係性をつくり、自分だから引き出すことのできた「そのお客様らしさ」を提案にいかすことを心がけています。メッシュウェルでのお仕事では、たくさんのお客様に短時間で接客する場面が多いのですが、お客様との時間が短縮、凝縮されただけで、いままでの接客で大切にしてきたことはいかせていると思います。お声掛けを自然にし、最初の一言から素早く距離を縮めるというのを大切にしています。
印象に残っているお客様はいますか?
ECサイトでスカートをすでにご購入されていらしたお客様で、そのスカートをとても気に入ったことから、色違いをご購入されるか迷って店頭でご相談くださったされたお客様がいらっしゃいました。お持ちのスカートを気に入ったということは、そのままオンラインで色違いをご購入してもいいところを、わざわざ店頭にいらしたということは、お客様の中に何か別の御要望が有ると思い、まずはニーズを探っていくことにしました。お話を伺っていくと、すでに持っているスカートの色違いをご購入するのはどうか、そもそも判断しかねて相談したいと考えていらっしゃることが分かりました。また、お持ちのスカートを使ったコーディネートのご相談、さらに色違いの商品とどのようなコーディネートで使い分けるかなど、いろいろと質問してくださり、アドバイスを求めてくださいました。そこで世間話をしながらクローゼットの中のお洋服や、普段の服装、体型のお悩みなど、お客様のライフスタイルを伺いました。そうすると普段は自転車に乗られるとのことで、スニーカースタイルでも素敵なコーディネートというご提案を差し上げることもできました。会話の中で伺ったお客様の情報が色付けになり、より良い提案ができました。
インターネットでも洋服は簡単にご購入いただくことができる世の中で、このようにご来店してパーソナルなアドバイスを必要と下さるお客様と出会い、やはり、接客することで伝えられる価値、お客様への喜びがあると感じました。最後にはお客様の中で何か解けたような感覚があるように私も感じることができ、実際に喜んでくださり、また接客して欲しいと感謝の気持ちを伝えてもらえました。
これからの夢をおしえてください。
鎌倉で色々と働いているうちに服飾関係ではない友人ができ、先日その友人に、お買い物につきあってお洋服のコーディネートを見てほしいと頼まれました。パーソナルスタイリストとしてお店でコーディネートしたのですが、その時間がとってもワクワクしたんです。アパレル経験が長いので、いろいろなお店の販売員さんに知り合いが多く、お互いを紹介し合って、一緒にその友人のコーディネートをするのが楽しかったですね。小さい規模でもよいので、地域密着でこの経験を何かの形に活かしたいと思っています。
そしてもう一つ、昔からずっと好きな古着屋さんというビジネスに関わっていきたいなと思っていました。今もお手伝いしている古着屋さんがあるのですが、昔ながらのスタイルで、あまり接客を提供しません。私としてはそのあたりも少し変えていけたらおもしろいなと思っています。接客から始めて、買い付けなどもお手伝いしたり、いつか自分でお店を持てるようになったらいいなと思っています。

SCHEDULEMESHWellのある1日

あなたもMESHWellで働いてみませんか?

説明会を随時開催しています

説明会にエントリー