スキマ時間を使って
大好きなファッション業界で働く

元販売員 / gotoeri さん

モデル、アパレルPR、販売員を経て、現在はママ業と自営業を両立されているgotoeriさん。販売員時代は、一般のお客様からスタイリストさんまで幅広く接客されていたそう。そんなgotoeriさんのお仕事、ライフスタイルについて伺いました。

QUESTIONまずは簡単な質問

好きな食べ物
お肉
好きな言葉 / 座右の銘
郷にいれば郷に従え
好きな食べ物
お肉
最近感動したこと楽しかったこと
ブルーノマーズのライブ
息子が1人で学校から帰ってきた時
特技
編み物
これまでも子供の洋服や自分のニットを作りました!
私にとってかけがえのない時間がニットを編む時間。瞑想の時間のようにスキマ時間で集中して作品を作ることがリフレッシュ時間になっています。

INTERVIEWタレントの想い

母になって感じる仕事の仕方の変化はありますか?
お母さんになってからも仕事に対する誠意や熱意は変わらないです。仕事に行けば現場モードになる。スイッチが入る感じです。あえていうと子供の体調の変化など、予想できないスケジュールの変更が起きることですね。なので、時間を短縮して、短い時間でしっかり集中して仕事をする働き方になりました。変わらないことは「人と接するのが好き、話すのが好き」という気持ちです。メッシュウェルではこの2つの気持ちを生かして仕事をすることができ、今の自分にマッチしているなと思っています。
ファッション業界で働き初めたきっかけはなんですか?
洋服が好きという強い思いは小さい頃からあったと思います。母親にこんな洋服が欲しいと絵で書いて細かな色まで指定したりしていたら、母が洋服を作ってくれました笑 画用紙に好きな洋服を書いてくりぬいて頭からかぶってファッションショーをしたりして、小さい頃から培われた好きと言う気持ちがファッション業界での仕事に繋がってます。そしてこの洋服が好きという気持ちは、洋服をいかに綺麗に見せるかというモデルのお仕事でさらに磨かれました。その後PR、販売員と、仕事が変わっても、軸にある好きと言う気持ちに突き動かされてきたのかもしれません。そういう意味で、洋服に関わる仕事というのは自分のライフスタイルの一つになっていると思っています。
接客をする上で大切にすることは?
接客のポリシーはその人のニーズをきちんと聞き出すことです。なのでファーストアプローチはとても大切だと思っています。自分の価値観を押し付けるようなアプローチではなくて、求めていることに答えることで安心感を届けたいなと思います。お客様が何をクローゼットに持っているのか、どんなシチュエーションで着たいのか、今どんなものを探しているのかなどです。気持ちよくお買い物をしてもらいたいから、自分の好みはあっても押し付けない接客を心掛けます。聞きたいことがある、アドバイスが欲しくてお客様はお店にいらしてると思うんです。インターネットではなく、わざわざ店頭に足を運んで下さる理由を探すことが接客の入り口です。お客様それぞれにあった関わり方を見つける感度が大切だとおもいます。コミュニケーションをしながら、楽しいお買い物時間を作って満足していただくことがやりがいですね。
印象に残っているお客様はいますか?
接客をする際、お客様を見た目で判断しないようにしています。その日いらしたお客様が黒いパンツに黒のレザージャケットを羽織って少しロックなイメージの服装で来店されていました。「どんなお洋服をお持ちですか?普段もかっこいい感じなんですか?」というお声がけをして見るとその方は黒や、ベーシックなカラーが好きな方でしたが、来店の際のイメージとは違い、フェミニンな印象のものをお買い求めになられました。会話の中でお手持ちのお洋服のテイストを探りながら接客をしたので、選ばれたお洋服が「手持ちのものにも合わせられそう」と喜んでいただきました。私自身も母になって色々なテイストの洋服を着るようになり、その人のクローゼットのお洋服が、今日お召しになられているテイストのものだけとは限らないと思うんです。特に女性はそうかなって考えています。常に一人一人のお客様に先入観なく向き合いたいです。
お母さんになって自分のファッションは変わりましたか?
ママになってスニーカーが増えました。特に子供といる週末は足元が決まってしまうから女性らしさをどこかに持っていくことでバランスをとっています。洗濯できるカットソーが増えるからこそ、色はあえてあまりみんなが選ばない白を着てみます。子供を預けて外出する時はピンヒールを履いたりして今まで以上にTPOに合わせてお洋服を選ぶようになりました。自分らしさは変わってないけど、よりファッションのバリエーションが出たように思います。
家族を持ちながらお仕事をする上で大切にしていることは?
すべてはバランス。母の時間、仕事の時間、友達との時間。それぞれの自分がいると思っていて、どこかが満足してないと自分がストレスを感じてしまうんです。そういう自分の性格に合う働き方がしたくて正社員としての会社勤めをやめて、今の働き方になりました。もちろん大変な事もありますが、2人の子供がすやすや寝ているところに滑り込んで、一緒に寝る瞬間はとても幸せな気分になります。やっぱり子供の寝顔を見るとほっとして心が満たされますね。
子育てママにとってメッシュウェルが良いところはどんなところですか?
一言でいうと柔軟な働き方を自分で決められる事ですね。一日で働く時間や、月に働く回数、働く場所、すべて自分で決められるから、スキマ時間を生かせるのが働きやすいです。お仕事をすることを通して好きなファッションにふれられて、働くことでリフレッシュしている自分に気づきます!大好きな接客のお仕事だけどフルタイムで働けないと思うママは多いと思うので、是非おススメしたいですね!

SCHEDULEMESHWellのある1日

あなたもMESHWellで働いてみませんか?

説明会を随時開催しています

説明会にエントリー